UCI留学実録 〜セカンドハンドで賢くお買い物しよう!〜

皆さん、こんばんは♡
桜がすっかり頃合いになり、
お花見の季節だ!と微笑ましく思うJudyです。

皆さんは、
マイ・ベスト花見スポットなんて
お持ちでしょうか?

Judyは絶賛探し中です!
今年はどこに行こうかな?

さて、
本日のテーマは
先日お話したテーマ「ネットを介して住処を決めるJudy」に関連し、
ウェブサイトを通したセカンドハンドマーケットでの
お買い物経験を皆さんにシェアしていきたいと思います♡

是非、Harry Stylesの”Sing of the Time♫”を聞きながら、
最後まで楽しんで行って下さい。

ーーー

>>中古でおすすめのお買い物リスト

留学の形態に関係なく1年以上~6年と限られた
留学期間を快適に過ごすためには
生活インフラがをしっかり整備する必要があります。

住処は少なくとも一部屋のマイルームがある前提で、
主に

・自転車
・車(運転免許と資金の準備があれば、車社会のアメリカではとっても便利!)
・こまごまとした家具

そして、
半年の交換留学で訪れたJudyは
ステイ先から大学まで
バスと歩きで約1時間と少しの距離のため、
自転車をお買い物することにしました。

なんと、自転車で通学しても約1時間と強くらいなのです。笑

ただし、
ほんの半年のため
アメリカで使い捨てにするか
また売るということを前提に
ネットサーフィンします。

当初貧乏学生だったJudyはケチケチマインドで
バジェットを大幅に削ぎ落として
なるべくいい自転車を買おうと奮闘したところ、
地元Orange County版のCreiglist経由で
$120の白と青の自転車をお買い物することに。

決めては価格帯・交通アクセス

自宅~自転車のある目的地まで
片道1時間以上の道のりを
帰りはチャリンコで帰るつもりで
見に行きました。

周囲の家の雰囲気が段々と
荒廃していくという…
それとも私の心のフィルターがそう見せているのか
これが事実として起こっていることなのか、
どちらともつかない状況。

暑い中、
よく知らない道を不安に思いながら
びびりながら歩き続けて1時間半。

ただただしんどかった。笑

そして、
よく頑張った。
褒めてあげたい。w

そして、
こっわいアメリカン親父のお出迎え。

まじか、
と心に覚悟を決めながら、
その場で乗り回します。

そして、
マウンテン式バイクが初のJudyは
その座り心地(特にその辺から臀部の狭さ)に苦しみつつ
安全性を確かめるのでした。

(もはや確かめるどころか、
相当不慣れな形式の自転車なのに
よく買ったなJudy、
と今更ながら回顧しています。(真顔))

小さい・非常にお尻ちゃんが痛い・スリル
という感情をキーワードに、
ひとつ確実に確認できたことは
>>>乗れる<<<
ということでした。

Judyにチョイスはありません。

その場で、
ケチケチ魂を発揮し、
根切り交渉をしつつ、
お買い上げになって、
乗車してお帰りになるのでした。

その後、
自転車に目覚めちまった
『 Judyさんの自転車奮闘記 』
については、
また別の機会にお話しますね?

さて、
Judyは自転車を早々に手に入れたかったので、
向こう見ずで猪突猛進しましたが、
皆さんはくれぐれも車のあるお友達に助けて貰って
複数箇所巡って見て下さいね?
(値切りもおすすめ←)

ーーー

さてさて、
ここから心機一筆(心機一転をもじったよ)し、
真面目にお話して行こうと考えています。

というのも、
くれぐれも金額の大きな買い物をするとき、
その中でもインターネットを介しての中古のやり取りは
注意するようにしましょう。

よくあることのようですが、
・中古携帯を格安で買ったら盗品だった
・ネット掲示板で住処のレンタル契約をしようとしたら詐欺だった!
等のトラブルが多々起きているそうです。

(聞いた話ですよ。ここはJudyの直接体験ではないです。)
留学先の国に関係なく、
ネットの中古やり取りの掲示板で、
大きな買い物はなるべく避けたほうが無難です。

ーーー

セカンドハンドのウェブサイト一覧(USA仕様)

アメリカのウェブサイトで言うと、
Creiglist
が有名どころですが、
その他にも2つほどシェアしようと…

あれ?

なんだっけww

なにせ記憶が古いものでメモ等が残っていませんでしたw

ちなみに、
当初ステイしていたホスト先のホストマザーに
教えて頂いたウェブサイトです。

そして、
渋々ググってみるJudyでしたが、
なんと今ではまた当時と状況が異なるらしく、

・Oodle Marketplace
・Sell. com
・Geebo
・Facebook Marketplace
・LetGo
・Poshmakrk
等のウェブサイトがアメリカのセカンドハンド市場を占めているようでした。

他にも
・Amazon
・eBey
といった名前がちらほら見かけられましたが、
どこも大手が台頭する世の中になってしまいましたね。

ものの数年でマーケットの色が一斉に変わるなんて、
Craiglistはその手軽さと
ウェブを介した初期形態のセカンドハンドマーケットとして
長年アメリカで使用されたサービスのようでしたが、
その安全性と多用する人々のニーズから
人々が流動したのかもしれません。

ーーー

また、
何度も書くようでお耳にタコですが、
上記に上げた
・携帯電話
・居住先のレンタル
はくれぐれも注意して下さい。

いくらセキュリティが強固な
近代のサービス市場やウェブサイトでも
細心の注意が必要でしょう。

そして居住関連ならば、
できれば下見も、
性別に関係なく2人以上がベターです○!
女性なら、
少なくとも1人は男性の友人等に同伴して貰う
(できれば大柄のw)ことがベストです◎

ーーーー

これから飛び立つ
勇猛果敢な学生たちにエールの言葉を
送りたいと思うJudyなのでした。

今宵も良い夢を☆

___
おまけ︙
留学してから知ることになる前に
事前にシェアすると、
UCIは大学の掲示板に
自転車$xxで譲ります
ESL(語学学校)のレベルxxの教科書セット$xxで譲ります
なんてことはザラにあり、
なんならステイ先についての連絡先が
記載されているビラもありました。

事前に必要かどうか
次のレベルのクラスに必須の教科書かどうか等を
リサーチした上で購入するのも
賢い手かもしれませんね?

そして、
UCIだけでなく
他のアメリカの大学でも
掲示板情報での親交があるかもしれませんので、
留学前によくよくリサーチしてみて下さいね!