大切にしている3つの価値観 その 2

皆さん、こんばんは♡

お熱と一緒に体重も落ちて、
ちょっと得した気持ちでいる今日この頃のJudyです。

さて、本日は昨年10月の記事で紹介させて頂いた

『 大切にしている3つの価値観 その1 』

に引き続き、その2をご紹介していきます。

念のために、1回おさらいもさせて頂きますね?

Judyが大切にする3つの価値観について

  • アイデンティティ
  • ワークライフバランス
  • チャレンジ

この3つを主に大切にしていますと、お話しましたが、
その中でも今回は2番めの価値観「ワークライフバランス」について
お話していきます。

ワークライフバランスとは

では、
そもそも巷でよく見かける
ワークライフバランスって、
ざっくり説明するとどういうこと?
という点から、
Judyと一緒に見ていきましょう。

まず、手始めにお手本となりそうな公共機関より引用させて頂きますね。

 (1)就労による経済的自立が可能な社会

 (2)健康で豊かな生活のための時間が確保できる社会

 (3)多様な働き方・生き方が選択できる社会

  -内閣政府- 「仕事と生活の調和とは(定義)」より
  http://wwwa.cao.go.jp/wlb/towa/definition.html

と、あるように、
経済的自立と健康で豊かな生活の両立が
ワークライフバランスなんですね。

でも、少し難しいですね。
だって、健康で豊かな生活のための時間は、
皆が同じ時間を意味するとは限らないじゃないですか。

ふむ。

そこで、Judyなりにワークライフバランスを以下のように捉えてみました。

ワークライフバランス

||

  仕事と充実した私生活の両立

Judy

ははは

思ったより、
大きく描いてしまい、
なんだか個性のある引用形式になって
少しくせになりそうです。笑

さて、仕事と『充実した』私生活の両立と
今一度強調させて頂きますが、

なぜ充実したをつけたかと申しますと、
充実してない私生活って、
つまらないじゃないですか!

ただそれだけの単純な理由ですが、
意外とここが肝で、
充実してない私生活なんて
あってもないような
暇をつぶすための時間のように感じられて、
Judyは個人的に好まないんです。

なので、せっかくなら楽しくて、
代えがたい、
気持ち的にもハッピーでヘルシーな
充実した私生活をつけてみました。

ワークライフバランスの大切さ

Judyなりのワークライフバランスの意味付けをしてみた訳ですが、
ではなぜJudyが価値観としてワークライフバランスを重視しているのでしょうか?

きっかけは些細なことです。

あれは、新卒でとある会社に入社したての頃でした。

営業として、とある店舗を別の先輩社員の方と一緒に運営し、
忙しく走り回っていた日々のことです。

気がつけば、いつも終わるのは22:00頃。

帰宅後は、へとへとで特に何をする気にもなれず、
仕事場と家の往復の日々でした。

そして、ふと、ああこんな生活を送って何が得られるのだろうか。。
そう思い至り、仕事と生活のバランスについて真剣に考えはじめたのです。

もちろん、日本社会では、
家と仕事場の往復は当たり前だと思います。
でも、残念ながらJudyには向かなかったんです。

そして、ただ向いていないんだなと思うだけじゃなかったんです。

ああ、Judyの中で
仕事と私生活のバランスって
こんなに重視(優先)すべきポイントなんだ、
と感じたのでした。

誰でも譲れないものってありますよね。

Judyにとっとは、
ワークライフバランスのとれたハッピーライフがそれにあたります。

でも、ここ日本ではワークライフバランスと言うことすら、
ままならないくらいワーカホリックが当たり前です。

空気を読むとか、
上司の機嫌を取るとか、
Judyには苦手なことばかりです。

だからこそ、
ここ日本があたりまえとしない、
ワークライフバランスを重視する文化が当たり前の、
Judyと似たような考え方の国に行ってしまえば良いんじゃない?

と考えるようになったJudyなのでした。

それでは、
皆さん、今宵も良い夢を☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です