コラム ーUI/UXデザイナーへの過程ー

少しずつ、ゆっくりと学んできたUI/UXデザインについて。


そろそろ実践的に学んでいく必要があると考えたので、
今まで学んできた過程を振り返りながら自分用のコラムを書いていく。


いつか誰かがこの記事を読んで励まされたら嬉しい。

今日

始めたこと

今日から自分の公式サイトのデザインのアーキテクトとラフ画兼Sketchのデザインに着手した。進捗として、必須ページ全体の種類と目次とトップだけそれとなくできた。


ちなみに、参考にしたサイトとプロセスもメモをとって(できればデジタル2画面にキャプチャしたあと)丁寧に載せていこうと考えいている。


明日はコンタクトとホーム画面に着手していく。


課題はサイト中の2大コンテンツ画面で、Works・Blogのコンテンツ集約デザインがネックになると考えている。


じっくりネットサーフィンをして研究したうえ、仕掛けていく。

知ったこと

意外と著名なアーティストやクリエイターでも粗野なデザインのWebサイトなことがあると知った。

これからは、そんな粗野なサイトを見つけたら、どこがどういう改善点を秘めていて、自分ならどうアプローチするか考えていこう。

そして、別の機会に私ならこのサイトをこう作るっていうコンテンツを発信?していけたら面白いだろう。

ちょっともとの作者への挑発になりかねないけれど。w

これから

Baseというe-shop用のプラットフォームにWebサイトデザインを販売できる機能があると知った。


薄利多売というワードは好きではないけれど、自分を魅せるためなら手段は選んではいけないだろう。そして、小遣い稼ぎに作品を活用するのもなかなか面白いといえるかもしれない。


もう少し先の未来に、運の良い誰かが、超格安でまだアマチュアなアーティストの作品に手を伸ばしているかもしれない。くく

向こう1ヶ月以内に見える自分の姿

デザインから実装までを終えて、一回り大きく成長した自分がいる。


少しずつでも足掻いていって、習える誰かがいるときに貪欲に学んでいく。


きっと去年のわたしより自信を持って踏み出していけるだろう。


進んだことのない道にも臆せず、着実に突き進んで行くんだ。


誰かは無理だと言うかもしれない。


でも、私はその誰かじゃないし、妄想や弱音で自分の限界を決めるなんて絶対できない。


いままで沢山してきたから、知ってる。


弱音や現実逃避は自分を救ってくれないし、導いてはくれないのだから。

感謝の言葉を添えて

今日、正直に言うと、わたしは落ち込んでいた。


でも、そんな時間さえも今は惜しい。


暗い気持ちになるよりも、
前を向いて淡々と歩んでいくほうが気持ちが楽だから。


いつも支えてくれていた家族のような貴方に感謝して。


誇れるような私になるために、頑張って進んで行きます。