第241回TOEIC公開テスト

皆さん、こんばんは♡

だいぶご無沙汰しております。

台風が関東を直撃したと思ったら、
まるで8月中旬のような暑さをまとって、
蒸し暑い一日を過ごすことになり、
ぐったり気味のJudyです。

久しぶりにBlog更新をしつつ、
今までに気が付かなかった機能を
ぽちぽち押してみては
にたりと笑っています。

ちなみに、この背景色は蒸し暑さに負けない
きりっとした爽やかなチョコミントからーです。ふふ

さて、Blogのタイトルにありますように、
今日は本年度6月22日?に行われました
TOEICの結果を皆さんにシェアしたいと思います。

点数(スコア)大公開!!

どこどこ

どんどん

ど〜ん

で、ででん!!

総合得点

留学直後半年以内に取った点数より低かったら、
まじ笑えない。

うぐっ

とか思ってはいたけれども、
流石に極端に落ちることも無いだろうなと考えておったJudy。

オンラインだと紙媒体より
点数の確認が1週間くらい早くできるので、
当日の昼休みに会社で ぽちっ としたのです。

もちろん、昼休みね。

そうすると、出てくるわけですよ。

900点以上取ったら、OOしよう
そんなことを考えていたJudyの視界に飛び込んできたのは



875点




今回目標にしていた900点には届かず。

惜しいと言えば、
あともう少し!と言った点数。

ちなみに、分布的な話をすると、
第241回TOEIC公開テストの受験者数96,628人のうち
TOEIC875点の人間は上位0.07%の人材らしい。

喜ぶべきなのだろうか。

ちょっと複雑な気持ちのJudyなのです。

TOEIC分布図の参照サイトは →こちら

リスニング

ざっくり9割取得。

点数換算だと
  ↓
465 / 495

伸びしろ:
大問3で79%の正答率と一番点数を落としているので、
似たようなラインナップの問題群を解けば少しは正答率があがるはず。

スコアの狙い目:
第問1で何故か86%の正答率なので集中力をあげたら100%で取れそう
あとは微妙な小技をおさらいしておく
ここだけの話、ロゼッタのTOEICはセールのときに買って活用するとTIPSを使って勉強できるので◎(ロゼッタの回し者ではない)

リーディング

ざっくり8割取得。
点数換算だと
  ↓
410 / 495

伸びしろ:
文法と複合読解
スコアの狙い目:
あきらかに数撃ちゃ当たる文法問題で落としている & 時間が(以下略)

留学未経験者が狙うべき点数の稼ぎどころ

留学未経験者が磨くべき技術はこれだ!!!

文法と語彙

TOEICはぶっちゃけ英語喋れなくても取れるとJudyは断言します。

なぜなら、
TOEICはテクニック勝負の要素が大きいためです。

つまり、まずは技術をダイジェスト版のように学ぶことがおすすめ。

本でもよし。
アプリでもよし。

まずは要所と解答法をバリバリ学ぼう。

とくに文法問題と語彙は、
単語と特徴を覚えればとけるものが多いので
点数を稼ぎたいならおさえておきたいぽいんと。

他の大問もテクニックを学び、
たくさん練習問題をこなすことで
600点台は軽く点数が取れるようになる。

700点台も難しくは無い(はず)。

ただし、900点台取得となると、
いかに問題を落とさないかの次元になってくるので
かなりの勉強時間を要するようになるのでは
と考えているJudyなのだ。

TOEIC XXX点 どんな事ができる?

あくまでもJudyベースの経験談になりますが、
しばしお付き合いください。

500点台

大学生1年のときに取得した点数

できることレベル = 簡単な会話を片言で話す

あの当初のセンター試験(どの当初とは聞かないで)でいうと
8割以上の得点といったところ。

600点台

大学生3年生のときに取得した点数

できることレベル = ちみっと流暢な発音で外国人とかろうじてコミュニケーションが取れる

ただし、ニュース等の話題に至ると苦笑いの回数が増える

800点台前半

留学から帰国後半年ほど経ってから取得した点数

できることレベル = 海外留学が可能 学術的レベルが低ければちょっとしたディスカッションができる

特に補足は無し

800点台後半

留学後2年以上の月日を経て取得した点数

(うん?これ計算できるひとはJudyの年齢とかわかる気がする…)
(PS:Judyはまだ若いよ。😉)

できることレベル = 簡単なニュースならリスニング可能、おぼつかないが、英語圏の友人と電話ができる

補足:周りに英語環境が無いと、発音と英語の反射神経は必然的に低下するので、久しぶりに人と話すともどかしいことが多々ある

まとめ

TOEIC900点台乗んなかったし、
もう一回くらい受けるかなー。

でも、今は違う勉強があるし…

迷っちゃうなあ。

と思いながら、うとうと眠くなるJudyなのでした。

皆さん、
今日もお付き合い頂きましてありがとうございます。

今宵も良い夢を♡

第241回 TOEIC公開TEST

皆さん、こんばんは。

ご無沙汰しています、
Judyです。

梅雨に入り、雨続きの日が続きましたが、
もうすぐ梅雨明けでしょうか?

爽やかな空気を感じる一日でした。

さて、
今夜は先日行われた
ETS主催のTOEIC試験について
さっくりとお話します。

JudyのPersonal Logですので、
解答速報やTOEICの答えについて吟味されたい方は、
別枠のブログを検索してみてくださいね。

本当にさっくりとした感想なので、
ChillloutDeerの“Late Night | Chill Mix”
リラックスしながら
ゆっくりお楽しみください。

TOEICTEST

概要

TOEICとは、
国際コミュニケーション英語能力テストと称されているように
非ネイティブイングリッシュスピーカーの英語運用能力を判定するための試験です。
特に就労環境における英語運用能力の測定を
目的としている方が多いでしょう。

ただし、
一概にTOEICと言っても、
明確な英語運用能力の判定基準にはなりません。

通常のTESTですと、
ListeningとReadingに分かれており、
ある程度の英語の基礎があるうえで受験をすれば
一定のスコアを獲得することが可能でしょう。

しかし、
聞き取れて且つ速読ができるかという
解答テクニックによって実際のスコアは左右されてしまうため、
受験者がいかに英語(SpeakingとWriting)を使って
英語話者と意思疎通がはかれるかとは直結していません。

実際、
TOEICのスコアがなくても、
英語でのビジネストークができる方はいらっしゃいます。

もちろん、
高いスコアを持っているが、
英語で話すのはなかなか難しいという方もいるでしょう。

念の為、
1点補足ですが、
TOEICにはSpeakingとWritingを対象とした
TESTも存在します。

受ける目的

受ける目的は、
主に2パターンあると思っています。

1.就職活動・転職活動
上記を対象とした英語の運用能力の証明を行う必要がある場合

2.英語能力
自分の英語能力(ビジネス英語含む)を測定したいとき

2が目的の方には、
最早、趣味で受験されている方も
数少なかれど一定数いらっしゃるかと思います。

さて、Judyの場合ですが、
目的は1と2の混合です。

これからのキャリアに活かすため、
自分の能力値を測定し、
これからの学習のモチベーションにするため
2019年度6月23日の第241回公開テストを受けきました。

前回の試験結果

さて、
最後に受験したときは2017年10月頃。

SCORE:820
Listening:400点台

Reading;300点台

確かこんな感じだった気がします。

完全にうろ覚えです。笑

気が向いたら、
またお調べして情報アップデートしますね^^

=====

じゃーん!!

気が向いたので更新してみることにしました!
実際に取った点数と取得時期を
ばばんと公開しちゃいます!

SCORE:820 >>> 810 →さりげなく初回投稿時に盛ってましたw
Listening:455点
Reading;355点


ふむふむ

Readingに伸びしろあり、というところでしょうか。

(追記日時:2019/08/07)
=====

普段の勉強を通して思ったこと

速読力・ボキャブラリー・英語の基礎的文法
どれも捨てがたい重要要素です。

そして何よりも、
・タイムマネジメント力
・情報処理能力
上記2点がかなりのウエイトを占めます。

…と真面目に考えていました。

しかし思ったのですよ。

ふと思ったのです。

あれ?

これ帰国子女なら満点でしょ?
バイリンガールも満点って言ってたし。

ネイティブならみんなだいたい満点じゃね?と。

そっか、ネイティブになればいいのか!と閃くのです。

この閃きは、
ひょっとすると天才なのかもしれませんよ。

究極のSCORE990を目指すなら

英語の基礎をつける
ネイティブのように円滑に英語を運用できるよう
リーディング・リスニングに力を入れることも大切です。

しかしなによりも、
普段から一定数の問題を解いて
タイムマネジメントと情報処理能力にフォーカスした
テクニック向上にかかっているといえるのではないでしょうか。

…と真面目に書いていますが、

天才的なJudyの閃きにより、

普段からネイティブになれるように
・読み書き
・おしゃべり
・ドラマ鑑賞(という名目のリスニング)
上記を実践していきたいと思います。

ははははは

===
最後までお付き合いいただき有難うございます。

さて、
前回のTESTの結果と比較するためにも、
7月15日頃に結果が出ましたら、
その日にTESTの点数をブログ上で公開しようと思います!

結果によっては、
2019年度内に
JudyはTOEIC再受験かもしれません。w

そんなことがないように
お祈りしつつ、
おやすみします。

それでは皆さん、
今宵も良い夢を。